2005年03月05日

PHS千夜一夜(1)

なぜ、先日のタイトルが「DoCoMoよ、おまえもか」なのかと言うと、
実は先にASTELのほとんどがサービス終了、もしくは音声通話サービスを
終了してるから。
これでDoCoMoがPHSから撤退すると、残るPHSはWILLCOMだけになる。
PHSが好きだっただけに、一抹の寂しさを感じる。

PHSとは、そもそもがデジタルコードレスホンの規格で、屋外では
コードレス公衆電話として、そして着信も可能なように開発されたものだった。

そもそも携帯電話じゃなかったのに「簡易型携帯電話」としてデビューしたのが、
悲劇の始まりなのかもしれない。

サービス開始当初はトラブルが多かった。
繋がらない、切れやすい、エリアが狭い。
でも、コードレスホンなんだから、ある意味当然の事だった。

上手に使うには、待ち合わせは基地局の見えるところで、
通話中は移動は最小限にする、自分の行動範囲がエリアかどうか
(基地局が目視出来るか)確認する。

これだけで、案外使いやすくなる。
けど、一般ユーザは携帯電話と同じ意識で使ってるんだから、
そんな点に注意したりしないだろうし、まさかコードレスホンだとは
想像もしなかっただろう。

結局、ユーザは、初期費用が安くなったり、i-modeなどのネット接続
出来る携帯電話に乗り換えるようになる。
この時点で、音声通話のPHSは終わっていたのかもしれない。
悲しいことだが。

・・・まだまだ続くかもしれません。
posted by taks-i at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | デジタル話

2005年03月03日

DoCoMoよ、おまえもか

NTTグループのPHS(あえてこう書く)が新規受付終了。

PHSサービスの新規申込み受付終了及び2005年3月期業績予想の修正に
 関するお知らせ
」 - DoCoMoプレスリリース
ドコモPHS新規受け付け4月末で終了」 - ITmedia

実は携帯歴よりPHS歴の方が長い私。9年持ち続けてます。

「NTTグループのPHS」って書いたけど、色々な思いがあって
あえてこんな書き方をしてみました。
サービス開始当初は「NTT-Personal」ってPHS単独の会社だったんだよね。

9年と少し前、DDI-Pocketの端末を持ち込んで加入しました。
NTT-Personalのネットワークを使いたかったけど、端末は
三洋のビビッドな色の端末が欲しかったので。
PHSの規格は3社共通だったから、こんなことも簡単に出来たんだよね。
(今思えば簡単だけど、あの頃はパーソナル支社に持ち込んで
 窓口のおねえさんと四苦八苦してたのは、良い想い出です)

この話の続きは、また後日に。

DoCoMo移動体通信の歩み
PHSの歩みは、こちらもご参考にどうぞ。
posted by taks-i at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル話