2004年11月28日

亀八食堂

今日はちょっと野暮用で名古屋まで行ってきた。
そして、帰りはマイブーム(死語)の亀八食堂(亀山)で晩ご飯。

亀八食堂・・・それは味噌焼き肉の店。
googleで検索すると、出るわ出るわ、紹介サイトの数。
全国の食通をうならせる、その店へ案内しよう。

まず、駐車場が広い。とにかく広い。
なぜなら、ここはトラック乗り御用達の店。
名四国道から名阪国道へ走るトラック乗りのオアシスなのだ。
駐車場の割に店が小さいから簡単に見逃すぞ、気を付けろ!!(長井風)


入口はこう。
もうB級グルメの心を掴んで離さない、このたたずまい。
窓越しに、おぼろげに写ってるご主人LOVE。
トレードマークはもみあげだ。

さあ、店に入ろう。
まずはテーブルにコンロとハンドメイド感あふれる鉄板がお出迎え。
そして注文だ。
もし、ご主人に注文を受けてもらえたあなたは、その日1日良いことがあるでしょう。
意中の男の子から告白があるかも。ラッキーアイテムはもみあげです。

さて、まずは豚だ。絶対はずせない。間違って牛なんて頼んだら後悔するぞ。
豚は人数分がデフォルトだ。
だが、女性がメンバーに混じってる場合は、若干調整するよろし。

続いてホルモン。これもはずせない。
メンバーの食欲によって、人数の50%〜100%を注文。
ホルモンはAとBの2種類あるから、まんべんなく頼め。

そして、玉うどん。忘れてはいけない。
忘れたあなたは、焼き終わった後に、激しく後悔の涙を流す。
これも、食欲に相談の上、50%〜100%ぐらいで調整。

まだ食欲がある? ならば飯だ。臨機応変に調整するがいい。

何?野菜が欲しい?
案ずるな。肉の量に応じて、キャベツともやしが必要量ついてくる。


注文後、やってきたのがこれだ。
キャベツともやしに隠れて分からないが、下の方には肉と味噌、そしてラードが
しっかり入ってる。
これをみんなで、まんべんなく混ぜながら焼く。
そうすると、キャベツともやしの汁、そして肉汁がたっぷり出てくるから、
それにうどんを絡めながら、さらに混ぜつつ焼いていく。


これが完成型。
あとは、とにかく食べるだけだ。

食後、満腹になったあなたは、この世の幸せを感じる事だろう。
そしてレジ精算時に、お持ち帰りの味噌を買ってる自分に気が付くはずだ。
ちなみに大きいのを買っておかないと、すぐに消化してしまって後悔するコト必至。

行き方だが、

大きな地図で見る
名阪国道亀山ICから亀山方面の旧道を走ると良い。
目印はラブホテル。交差点をはさんだ斜め向かいにある。
コトの前に体力を付けるのにも最適だ(何がだ)。
では健闘を祈る。

食べログ.com用

posted by taks-i at 20:00| Comment(7) | TrackBack(0) | お気に入り
この記事へのコメント
三重やん^^;
今度行くときは誘ってください〜

送迎付きで(笑)
Posted by かのん at 2004年11月30日 20:40
はいな、送迎いたしましょう^^。
送迎代は斜め向かいで払ってもらえれば(ぉぃ)。
なんてね(笑)。
今度は一緒に行きましょうか。オススメですよ〜。
Posted by taks-i at 2004年11月30日 20:50
は〜い♪
じゃぁ、お土産におみそも付けてね(いいのか^^;)

みそ味のおうどん
ビールが進みそう〜( ̄¬ ̄*)
Posted by かのん at 2004年11月30日 21:01
いや〜〜〜〜〜ん
なつかしぃ〜〜〜〜
某BEET工業RACINGチーム時代
鈴鹿の帰りはいっつもここでした(笑)
あの焼き方にはコツがあんのよねぇ〜
あたしはいつも焼いてもらう方でしたが(笑)

いるのページで亀八見るとは思わんかった・・・
なんか感動(笑)
Posted by ちか at 2004年11月30日 21:24
追加
斜め向かいって・・・・
むふふ・・・
Posted by ちかs at 2004年11月30日 21:26
>ちか
ちかなら絶対コメントすると思った(笑)
鈴鹿関係者も割と来るみたいだね〜。
焼き方のコツって、何だろう。
その辺り何も考えてない^^;<亀八歴浅いから
斜め向かい、いい目印だよね〜(笑)
Posted by taks-i at 2004年12月01日 17:34
(コメント移動)

どっかで、聞いたことがあると思ったら関の亀八じゃないですか?鈴鹿に行く国道1ですね。しかも、2つわかれるところでしょ。近くにたしかろうそくやあったかな。以前に、関町に住んでました。

投稿者 : 26 Masami 2008年03月17日 00:24
Posted by taks-i at 2008年03月21日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81881512

この記事へのトラックバック